教育方針

根拠に基づく思考と専門職業人としての自立により、
円滑な人間関係を築ける職員の育成を目指します。

白根徳洲会病院看護部では看護師の継続教育の形として、クリニカルラダーを採用しています。ラダーレベルはⅠ〜Ⅳとして、段階的に進むことを原則とし、レベルⅣは専門看護領域と管理領域を選択することができます。
レベル設定の評価方法、基準、手順などを細かく設定しており、個人の目標設定や目標管理にもリンクさせることができます。

教育開発プログラム 〈能力開発ラダー〉

能力開発ラダー

*ジェネラリスト看護師とは· · ·
特定の専門あるいは看護分野にかかわらず、どのような対象に対しても経験と継続教育によって習得した多くの暗黙知に基づき、その場に応じた知識・技術・能力を発揮できるもの。
*スペシャリスト看護師とは· · ·
特定分野における水準の高い看護実践や研究及びほかの看護師の教育や指導を行うもの。
*看護管理者とは· · ·
病院・看護部門方針を当該部署に浸透させ、その実践の為に看護職員を支援し、人的・物的な環境を整えるもの。

新人職員教育制度

新人職員教育制度当院の教育プログラムは、白根徳洲会病院の理念と看護部の理念に基づき、看護専門職業人としての1年後を見据えた人材の育成を目指しています。

OJTやOff-JTを生かして、きめ細かいプリセプター教育制度を採用しています。また、その人その人の成長に合わせた教育制度として、クリニカルラダーシステムを採用し、個別に指導しています。

新人職員に合わせた院内教育研修も充実し、安心して学び成長し続けていくことが目標です。1年後、スキルアップをしている自分の姿を思い描いていきましょう。