診療担当医

石川 真(院長)

プロフィール 医学博士
日本外科学会 専門医
日本外科学会 指導医
日本消化器外科学会 専門医
日本消化器外科学会 指導医
日本消化器外科学会 がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会 専門医
マンモグラフィー読影認定医
臨床研修指導医
日本がん治療認定医機構 暫定教育医
日本腹部救急医学会 評議員
日本腹部救急医学会 腹部救急暫定教育医
日本腹部救急医学会 腹部救急認定医

奥村 全史(診療科部長)

プロフィール 医学博士
日本外科学会 専門医
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医
がん治療認定医

杉山 祐之(医長)

プロフィール 医学博士
日本外科学会 専門医
日本麻酔科学会 標榜医

 診療担当表

外科・消化器科
午前9:00~
12:00
奥村 杉山 (初診・シャント外来)石川
(再診・血管外来) 石川
奥村 杉山 (初診)石川
(再診・予約) 石川

診療内容

[消化器科・外科]

当院では、できるだけ患者様の負担が少ない検査・治療を心掛けています。
上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)では、経鼻内視鏡や寝ている間に検査が終わる沈静下検査を取り入れております。下部消化管検査(大腸カメラ)でも、沈静下検査を行っております。鎮静下検査を受けられた方のほとんどが、次の検査でも鎮静下検査をご希望されております。

早期消化管癌(食道癌・胃癌・大腸癌)に対しては、内視鏡的粘膜剥離術(ESD)を行っております。(お腹を切らない手術)早ければ、術後1日目よりお食事をとることができます。入院期間も5日前後です。

適応:消化管の粘膜にとどまる癌またはリンパ節転移のない浅い粘膜下層にとどまる癌

また、手術に関しても積極的に腹腔鏡・胸腔鏡を取り入れております。
腹腔鏡・胸腔鏡手術は、従来の手術と比べ手術時間は長くかかる傾向にありますが
①傷が小さいため術後疼痛は少ない
②拡大視野効果があるため従来の開腹・開胸手術に比べて細やかな手術をすることができ出血量も少ない
③術後の回復が早く退院期間も短い
という利点があります。

当院での適応症例
胸腔鏡:気胸 肺嚢胞(ブラ切除)
腹腔鏡:胃癌 結腸・直腸癌 胆嚢結石 総胆管結石 胆嚢炎 鼠径ヘルニア 腹部救急疾患(消化管穿孔・腸閉塞・虫垂炎など)

肝臓 膵臓疾患に関しては開腹手術で行っております。
これらの臓器では、消化器手術の中でも合併症の多いとされる膵頭十二指腸切除が含まれています。この膵頭十二指腸切除の主な合併症には、膵臓と小腸の吻合部から膵液が漏れてしまう膵液漏があります。当院では、膵臓と小腸の吻合に工夫をし術後合併症を減少させ、入院期間の短縮に努めております。

その他、手術を行わない消化管疾患も丁寧に診察させていただきます。

なにかご不安なことがございましたらご相談いただければ対応させていただきます。

 

[血管外科]

  1. シャント手術
  2. 当科では当院の約50名の維持透析患者様のシャント管理を行っている以外に、他医院の透析患者様のシャントの急性血栓閉塞の緊急血栓除去術、カテ―テルによるPTA(血管拡張術)、人工血管を使用したループシャント、ストレートシャントの作成を数多く行っております。特に急性閉塞をきたした患者様に対する緊急手術を応需いたしますので、当科までご連絡ください。
  3. 末梢血管の急性動脈閉塞症に対する血栓除去術
  4. 下肢が急に紫色になり、冷たく、痛くなった場合末梢血管血栓閉塞が疑えます。そのまま放置すると下肢切断の危険性があります。当院では緊急に血栓除去を行います。
  5. 閉塞性動脈硬化症に対するカテーテルによる血管拡張術(PTA),、ステント留置術、血行再建術
  6. 歩くと足がつる、痛いなどの症状は間欠性跛行といい、閉塞性動脈硬化症が疑えます。当院では血管造影を施行し適切な治療を選択いたします。
  7. 深部静脈血栓症に対する抗凝固療法による管理、下大静脈フィルター留置術
  8. 足が急にはれたなどの症状がある場合はご相談ください。下肢静脈エコーで血管内の血栓の有無を検査し、血栓があった場合は肺塞栓症(エコノミークラス症候群)といった重篤な状態へ移行する可能性がありますので早期に適切な薬物治療を行う必要があります。
  9. 下肢静脈瘤に対する、硬化療法、抜去切除術
  10. 下肢静脈がぼこぼこ拡張しており、下肢がむくみだるいといった症状のある方は相談に来てください。静脈うっ滞性硬化性皮膚炎といって皮膚の色が黒く変色する前に治療することが必要です。

 

%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%883%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%881

主要業績(2010~)

  • Postoperative tetanus after laparoscopic obturator hernia repair for strangulated ileus : report of a case
  • Mitsuo Mori, Haruyasu Iida, keita Miki, Eiji Tsugane, Miwako Sasaki, et al Surg Today(in press, published online; Oct 27 2011)
  • 腹腔内遊離ガスを伴った急性気腫性胆嚢炎の1例:奥村全史、森 光生、三鬼慶太、石川 真
    A CASE OF ACUTE EMPHYSEMATOUS CHOLECYSTITIS WITH INTRAPERITONEAL FREE AIR (Masafumi OKUMURA,Mitsuo MORI,Keita MIKI and Makoto ISHIKAWA)
  • 腸球菌の胆道感染を併発した特発性総胆管穿孔の1例:奥村全史、石川 真:手術、Vol70,No6,821-824,2016
  • 非ステロイド性抗炎症薬に起因する多発小腸出血に対する1例:石川 真、奥村全史:外科、Vol78,No6,658-611,2016