診療担当医

河西 富彦(呼吸器内科医長)

プロフィール 日本呼吸器学会専門医

日本内科学会認定医

日本アレルギー学会専門医

医学博士

診療担当表

呼吸器内科
午前9:00~12:00 河西 河西

当科の特徴

広く呼吸器疾患一般(気管支喘息、COPD、間質性肺炎、呼吸器感染症、睡眠時無呼吸症候群、肺癌等)を診療しています。当院で呼吸器疾患に対して行っている検査は下記の通りです。

胸部CT検査(64列MDCT):胸部異常陰影に対して行います。

呼気NO検査:気管支喘息の補助診断として有用な検査であり、長く続く咳の原因として多い咳喘息の診断にも役立ちます。

肺機能検査:主にCOPD(タバコによる肺気腫)の程度、気管支喘息の管理状況等を調べる目的で行います。

終夜睡眠ポリグラフ検査:睡眠時無呼吸を疑われる方に1泊2日の入院で、夜間検査器具を装着してお休み頂きます。後日結果を分析して外来で説明します。

気管支鏡検査:胸部X線異常の診断に用います。肺組織の一部を採取して調べる場合は2泊3日の入院下で行います。検査中は苦痛の緩和のため、当院では基本的に鎮静薬を使って眠った状態で行います。

局所麻酔下胸腔鏡検査:胸水の貯留した方の原因を調べる目的で行います。

 

その他喘息診療に関しては、吸入指導に力を入れています。

急性の呼吸不全を起こした方は、集中治療室にて補助換気等呼吸の管理を行っていきます。

気になる呼吸器症状がある方は、受診してみて下さい。

 

%e6%b0%97%e7%ae%a1%e6%94%af%e9%8f%a1%e6%a4%9c%e6%9f%bb

sas