2階病棟(急性期病棟)
2年目 内藤 歩

入職後3か月間は、院内留学ローテーション研修として外来や手術室、急性期、慢性期、回復期病棟を2週間ずつ経験することができました。様々な部署を経験し、看護を学ぶことで部署の特性と役割を知り、コメディカルとの連携や部署の雰囲気を知ることができ、安心して配属されることができました。配属された急性期病棟では様々な疾患の患者さんと関わり知識や技術を身に付けることができます。毎月開催された新人看護師フォローアップ研修では、新人教育担当の副部長やプリセプターと面談することで入職して間もない自分の対人関係や環境の変化などの不安を相談することができました。様々な経験を得て二年目となり後輩看護師が配属されました。自分の未熟な看護を再度見つめ直す良いきっかけになっています。

病院の特徴としては、急性期から回復期と幅広いことが学べるだけでなく、職員の連携が密接にされ患者さんに寄り添った病院だと思います。