白根徳洲会病院

メニュー

当院について

当院について

病院の沿革・施設基準

沿革

2001年11月1日、許可ベッド数204床(現在199床)、地域の中核病院として医療法人徳洲会グループ51番目の病院として開設しました。
「生命を安心して預けられる病院」「健康と生活を守る病院」という理念を掲げ、地域密型で21世紀の病院の在り方を目標として誘致されました。
医療保険、老人保健さらに通所リハビリテーションを展開し生活支援にとどまらず、人間ドック、企業健診等の予防医療活動にも力を入れております。
2008年5月に回復期リハビリテーション病棟を開棟し、急性期治療後の患者様の円滑な在宅復帰に向けて集中的にリハビリを行う環境も整っています。
2011年4月には3階病棟を一般急性期病棟として再開棟し、全病棟がフルオープンとなりました。
2014年2月4日には、地域災害拠点病院に指定され、南アルプス地域だけではなく、山梨県全体への医療救護チームの派遣や患者の広域搬送など、災害医療の体制強化を行っております。
2017年2月には電子カルテを導入し、翌年2018年4月には包括医療費支払い制度(DPC)を導入しております。

指定医療機関

 
  • 保険医療機関指定施設
  • 救急医療機関認定施設
  • 労災保険指定医療機関
  • 原子爆弾被爆者一般疾病医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 結核指定医療機関
  • 身体障害者福祉法指定医療機関

施設基準届出受理一覧

算定開始年月日
入院時食事療養(Ⅰ)・入院時生活療養(Ⅰ) 平成14年1月1日
薬剤管理指導料 平成14年1月1日
療養病棟療養環境加算(1) 平成18年4月1日
医療機器安全管理料(1) 平成20年4月1日
無菌製剤処理料 平成20年7月1日
検体検査管理加算(Ⅰ) 平成20年11月1日
検体検査管理加算(Ⅱ) 平成21年4月1日
輸血管理料(Ⅱ) 平成21年4月1日
心臓カテーテル法による諸検査の血管内視鏡検査加算 平成23年9月1日
ペースメーカー移植術、ペースメーカー交換術 平成23年9月1日
医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6
(歯科点数表第2章第9部の通則4を含む。)に掲げる手術
平成24年1月1日
療養環境加算 平成24年4月1日
院内トリアージ実施料 平成24年4月1日
ヘッドアップティルト試験 平成24年4月1日
神経学的検査 平成24年4月1日
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ) 平成24年4月1日
運動器リハビリテーション料(Ⅰ) 平成24年4月1日
輸血適正使用料加算 平成24年4月1日
感染防止対策加算(2) 平成24年6月1日
CT撮影及びMRI撮影
(MRI1.5テスラ以上3テスラ未満)
(CT16列以上64列未満、MRI1.5テスラ以上3テスラ未満)
平成24年6月1日
データ提出加算(2・ロ) 平成24年10月1日
別添1の「第40脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)」の3の注5に規定する施設基準 平成26年4月1日
別添1の「第42運動器リハビリテーション(Ⅰ)」の3の注5 に規定する施設基準 平成26年4月1日
胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 平成26年4月1日
透析液水質確保加算(2) 平成27年3月1日
時間内歩行試験及びシャトルウォーキングテスト 平成28年4月1日
下肢末梢動脈疾患指導管理加算 平成29年3月1日
重症者等療養環境特別加算 平成30年2月1日
喘息治療管理料 平成30年2月1日
夜間休日救急搬送医学管理料の注3に掲げる
救急搬送看護体制加算
平成30年4月1日
人工腎臓 平成30年4月1日
導入期加算1 平成30年4月1日
急性期一般入院料(1) 平成30年10月1日
療養病棟入院基本料(1) 平成30年10月1日
急性期看護補助体制加算 平成31年2月1日
後発医薬品使用体制加算(1) 令和1年10月1日
救急医療管理加算 令和2年4月1日
超急性期脳卒中加算 令和2年4月1日
医師事務作業補助体制加算 (1) 20:1 令和2年4月1日
医療安全対策加算(1) 令和2年4月1日
入退院支援加算(2) 令和2年4月1日
認知症ケア加算 令和2年4月1日
せん妄ハイリスク患者ケア加算 令和2年4月1日
小児科外来診療料 令和2年4月1日
酸素単価 令和2年4月1日
オンライン診療料 令和2年5月1日
回復期リハビリテーション病棟入院料(1) 令和3年1月1日
診療録管理体制加算1 令和3年4月1日
閉じる