白根徳洲会病院

メニュー

診療科・部門案内

診療科・部門案内

リハビリテーション科

概要

「急性期から在宅まで」

リハビリテーションは理学療法・作業療法・言語療法の3部門で構成されており、医師の指示の下、それぞれの専門性を生かした総合的なリハビリを行なっています。

スタッフが連携を図り、急性期から在宅まで区切れ無く関わり、発症・受傷・手術の直前直後から早期退院を目指して積極的なリハビリを行います。
1人1人の状態に合わせたリハビリサービスが提供でき、入院患者様には土・日・祝日、年末年始にもリハビリを行なう365日体制のリハビリを提供しています。

内容

理学療法士

運動機能の低下した身体に対して、運動療法、水治療法、物理療法を用いて筋力・関節可動域・協調性といった身体機能の改善を図ります。
また、基本動作(起き上がる、座る、立ち上がる、歩く等)の練習や日常生活動作の練習を行い、安心安全な生活を送って頂けるようにサポートします。

作業療法士

病気やケガをする前のような生活を取り戻すために、日常生活動作(食事動作、排泄動作、入浴動作、更衣動作等)の練習を行います。
また、“その人らしい”個性を尊重し、家事や仕事や趣味などに合わせたリハビリを提供し、“生活の質”を高めていきます。

言語聴覚士

気持ちを伝えられる事は日常生活を明るく、豊かにしてくれます。
「聴く・話す・読む・書く」などの練習を主に行い、物忘れが多い、食べにくいなどの改善にも取り組みます。また、症状に合わせて自助具の提案やご注意を説明させて頂きます。

採用

お問い合わせ

白根徳洲会病院 リハビリテーション科 室長 小林泰彦

閉じる