白根徳洲会病院

メニュー

診療科・部門案内

診療科・部門案内

放射線科

概要

放射線科は24時間すべての検査に対応出来る体制を整えており、速やかに画像情報を提供することで地域の中核病院、救急病院としてのサービスを提供できるよう日々取り組んでおります。

また近隣の医療機関様からの検査依頼にも積極的に取り組み、当院の画像診断機器を有効活用していただいてます。

内容

主にCT検査 .MRI検査 .一般撮影 .X線透視検査 .血管撮影 を行っています。
また常に安全かつ正確に検査や撮影を行えるよう、使用機器の保守管理も行っています。

CT検査

使用機器 GEヘルスケア Optima CT660Pro FD

CT(Computed Tomography)検査とは、体の回りにX線を回転しながら照射して体を輪切りにし、画像化して観察を行う検査です。
当院のCT装置は低X線量で検査が行えるASiRと言うソフトが導入されています。

MRI検査

使用機器 GEヘルスケア製 1.5T MRI,SIGNA Explorer

MRIとは磁石と電波により、体のあらゆる断面や血管を撮像できる検査です。頭部の検査では、脳梗塞・脳腫瘍・脳動脈瘤等の疾患に有用です。
頭部以外でも椎間板ヘルニア・脊椎圧迫骨折等の脊椎疾患、肝臓腫瘍等の腹部疾患、半月板損傷・腱板断裂といった四肢の疾患、子宮筋腫等の婦人科疾患にも有用です。

一般撮影

X線撮影
使用機器 KONICA MINOLTA CS-7,AeroDR

X線写真とは、人体に必要最低限のX線を当て、透過した部分を影絵としてとらえます。透過しづらい部分は骨などになります。
現在ではデジタルが進み、撮影したものをすぐに画像にすることができ、検査時間の短縮になっています。

乳房撮影(マンモグラフィー)

使用機器 Senographe Pristina

マンモグラフィーとは乳房専用のレントゲン検査で、圧迫板で乳房をはさみ、薄く引き延ばして撮影します。

歯科撮影(パノラマ)

使用機器 YOSHIDA オルソパントモ OP100

局面状の顎(あご)の骨を展開(パノラミックな観察)して画像にします。パノラマエックス線写真では、上顎と下顎の骨、そして全部の歯を観察します。

骨密度測定

使用機器 GEヘルスケア PRODIGY Fuga

骨密度検査は骨塩量を測定する検査です。測定法は複数ありますが、当院では精度の高いDEXA法を用いて検査を行っております。
測定部位には腰椎、大腿骨頸部、橈骨遠位部、全身骨があります。

回診用X線撮影

使用機器
FUJIFILM DR CALNEO AQRO
TOSHIBA IME-200A

X線透視検査

X線TV
使用機器 SIEMENS LUMINOS Session

X線透視検査は別名「X線TV検査」とも呼ばれ、人体の透視画像をテレビモニター上に映し出すことができ、多くの用途に使用されます。
バリウムの胃や大腸の検査のほか、背髄造影(ミエログラフィー)という検査も行います。

外科イメージ

使用機器
SIEMENS SIREMOBIL
TOSHIBA SXT-600A

血管撮影検査

使用機器 GEヘルスケア Innova IGS 530

手首・肘・足の付け根などの動脈からカテーテルというとても細い管を入れ、目的の部位の血管までその管を進め、造影剤を注入して、血管の走行や状態を見る検査です。
近年では、カテーテルを用いた治療(Interventional Radiology:IVR)などが盛んに行われています。

採用

閉じる