急性期病棟 (3階)

3階病棟は、整形外科・血管外科・脳神経内科・他科の41床の混合病棟です。
10歳から100歳を越えた患者さんが安全に手術を受けられる様に、心身の両側面から患者さんを支える看護を大切にしています。患者さんが抱える問題を広い視野で観察して支援し、院内連携を大切にしている病棟です。

院内外への研修には積極的に参加し、常に新しい知識を取り入れること、学んだ知識は皆で共有するように病棟会で伝達すること、分らないことは医師を含め皆で考え皆で成長することを心がけています。

認知症患者さんのケア、そして入院時からはじめられる退院支援。時には患者さんとおしゃべり、時には看護室でカンファレンスを行ない悩み苦しみ、そして泣き笑い患者さんの退院を一緒に迎えています。
看護は「感動」のある現場です。看護師は生涯にわたり働き続けられる職業です。看護の相談だけではなく、人生の相談もし易い雰囲気をもった職場です。