白根徳洲会病院

メニュー

看護部

看護部

概要

部長挨拶

白根徳洲会病院 看護部長

白根徳洲会病院 看護部長

築野 富子

白根徳洲会病院は、救急医療から急性期・回復期・予防医療・介護までの幅広い継続した医療を提供し、地域の方々とのつながりと、ふれあいを大切にしてまいりました。

看護部では、患者さんが安心して療養生活を送っていただけるように、優しさと思いやりを大切に、信頼される質の高い看護を目指し研鑽しております。

看護師教育では、クリニカルラダーを導入、新人看護師にはローテーション研修で実践研修を行い、配属後は新人看護師フォローアップ研修を毎月行うなど、丁寧で充実した教育体制を整えております。また、グループ病院のスケールメリット活かしたキャリアアップ研修は、先進医療から離島僻地医療と関連施設で専門分野を学ぶことで成長の場となっています。 地域に密着した病院だからこそできる看護があり、ケアミックス病院だからできる看護があります。笑顔で私たちと一緒に看護を深めてみませんか。きっとあなたのスキルアップ、そして未来に役立つはずです。

看護部理念

患者様の人権を尊重し 優しさと思いやりの心で信頼される看護実践に努めます

目標

令和4年度 看護部目標

Ⅰ.看護の質向上
  • 1.安全な医療・看護の提供のために、各部署の課題を抽出し取り組み、成果を出すことができる。
  • 2.担当看護師制の推進のために、各部署で取り組むことができる。
Ⅱ.働きやすい職場環境の整備
  • 1.全看護職員が年間5日連休を取得する。
  • 2.各部署の超過勤務時間が、昨年度より減少する。
Ⅲ.病院経営への積極的な参画
  • 1.各部署の目標稼働率を決定し、達成する。
  • 2.夜間急性期看護補助体制加算(50:1)を取得する。
  • 3.重症度・医療・看護必要度を維持する。
Ⅳ.人材育成と自己啓発、研鑽の推進
  • 1.看護職員・看護補助者全員がラダーを評価・実施する。
  • 2.新人看護師全員の達成目標チェックリスト達成率が90%以上になる。
閉じる