白根徳洲会病院

メニュー

看護部

看護部

概要

部長挨拶

白根徳洲会病院 看護部長

白根徳洲会病院 看護部長

佐藤 あけみ

「丁寧に教育する」をモットーに!

当院は地域医療の充実を目指しているケアミックス型の病院です。
救急を含めた急性期・回復期・医療療養を有する病院ですので幅広い看護が実践出来、看護師としても成長出来る環境にあります。

救急外来を含めた急性期病棟ではフィジカルアセスメントや回復に向けての心身のケア、回復期病棟では患者さんの回復する力を支えながら退院に向けた支援、医療療養病棟ではACP(Advance Care Planning)を大切にしながらターミナルケアや在宅復帰に向けた退院支援を実践しています。透析室では透析中の看護だけではなく、自宅での生活指導を看護の重要な役割だと考え実践しています。手術室では安全な手術の実施及び手術を受ける患者の精神的な支援を強化しています。外来では「時々入院ほぼ在宅」の医療を支える為に看護師の役割の充実を目指しています。この様に様々な部署でそれぞれ看護師の役割のあるべき姿を描きながら切磋琢磨しています。

質の高い看護を目指す上で基盤となる教育は「一人一人を丁寧に教育する」をモットーにしており特に新人看護師からは高い評価を得ています。
私達と一緒にやりがいのある看護を実践しましょう。

看護部理念

患者さんの人権を尊重し 優しさと思いやりの心で信頼される看護実践に努めます

目標

令和6年度 看護部目標

Ⅰ.安全な医療・看護の提供
  • 1.安全な医療・看護の提供のために、各部署の課題を抽出し目標を設定し取り組みの結果、目標が達成出来る。
  • 2.感染管理における各部署の課題を抽出し、目標を設定し取り組みの結果、目標が達成出来る。
Ⅱ.働きやすい職場環境の整備
  • 1.全看護職員が年間5日連休(リフレッシュ休暇又は有給休暇3日間を含み)を取得する。
  • 2.各部署の超過勤務時間が、昨年度より減少する。
Ⅲ.看護の質向上
  • 1.病院機能評価を受審し全項目「B」以上の評価となる。
  • 2.担当看護師制+チームナーシング強化の為に「担当看護師」「リーダー看護師」「メンバー看護師」の役割・業務・監査用紙の改訂・作成が出来る。
Ⅳ.病院経営への積極的な参画
  • 1.平均入院患者延べ数180名達成の為、2階病棟は13名(86.6%)、3階38名(86.3%)、4階病棟は39名(84.8%)、療養病棟は52(96.3%)、回復期リハ病棟は38名(95%)以上の平均入院患者延べ数を達成する。
Ⅴ.人材育成と自己啓発、研鑽の推進
  • 1.全看護職員が目指すラダーレベルの評価項目の中で、自身の課題解決に結びつく研修参加(又は自己学習)を実施し病棟会にて報告出来る。
  • 2.看護部ラダー別研修システムについて検討し、概要・プログラム・運用が決定出来、2025年度から開始出来る。 

白根徳洲会病院 看護部

閉じる